ライブチャットは危険?

ライブチャットのお仕事は
出会い系と間違われることがあります。

主に男性対女性のサービスなので
そのように思われがちですが
まず決定的な違いとして

男性に直接会う必要がない

ことです。

インターネット上で男性と会話をするだけですから
会うことは絶対にありません。
そもそも、ライブチャットの運営会社は、
男性ユーザーと会うことを禁止しています。

この辺りからしても
出会い系などのサービスとは
全く違うことが分かっていただけると思います。

ですが
残念ながら男性ユーザーは
その点を勘違いしていると言いますか、
直接会うことを禁止しているのにもかかわらず、
女性(あなた)に会おうとしてきますので、
上手にかわすテクニックが必要になります。

その他の考えられる、ライブチャットの危険性はこちらです。

ライブチャットの危険性

  • 男性のストーカー化
  • 顔バレ
  • 2チャンネル等、匿名掲示板への書き込み
  • 運営会社の倒産による、お給料の未払い

それでは上記の回避法をお伝えします。

危険の回避法

・男性のストーカー化

この問題さえ上手く乗り切れば
安定的な収入を得ることができます。

詳しくは安定した高収入を得るためのテクニックに記載しますが
簡単に言えば、自分(あなた)を女性として意識させないことが重要です。

男女の関係ではなく、友達関係です。

また、ライブチャットのお仕事では、女性のプロフィールを掲載します。

男性目線からすると、同じ都道府県など、共通点があると、
話しかけやすいなどのメリットがあるので、
できることなら、正しく設定しておくべきですが、

万が一、ストーカー行為をされたら嫌だな~という方は、
自分の住んでいるところとは別の都道府県にしておくとか、
項目があれば、「海外」や「秘密」などにしておくことも可能です。

・顔バレ

ライブチャットは顔を出さなくてもお仕事できるので大丈夫です。

但し、顔を出したからといって問題になることは殆どありません。

といいますのは
私は今までに、ライブチャットに顔出しで出演している女性を
街で見かけたことは一度もありません。

それに、このお仕事は全うなお仕事です。

ですから
このお仕事をしていることが周りに知られても問題ありません。

ただ、中には人に知られたくないという方もいらっしゃるでしょうから
その場合は、顔を出さずにお仕事をすれば良いのです。

・2チャンネル等、匿名掲示板への書き込み

SNSが主流になった今では、昔ほど存在感がなくなった、
2チャンネルや匿名掲示板ですが、
やはりデマや悪口を書いたりする心無い人は存在します。

だれでも、デマや悪口を見れば嫌な気持ちになりますよね。

私も昔、全くのでたらめを2チャンネルに書かれたことがありました。
キッカケは、知人に「こんなこと書かれてたよ」を言われたからです。

でも、私は気にしていませんし、
2チャンネル等の匿名掲示板は普段から見ることがありません。

気にして見たところで、
色々な意味で、「時間の無駄」だと思っているからです。

あなたが真面目に取り組んでいれば、分かる人には分かってもらえますし、
どこの誰が書いたのかも良く分からない信憑性も全く無い話を見て、
鵜呑みにするような人を相手にしても、それこそ時間の無駄です。

ただのストレスです。

ですから、2チャンネル等の匿名掲示板等は見ないようにする
これが最も良い回避方法です。

運営会社の倒産による、お給料の未払い

私がライブチャットの業界に足を踏み入れてから、
約12年(2016年現在)ほどになりますが、
現在では最大手の運営会社を選んでおけば、
倒産によるお給料の未払いは、100%回避することができます。

なぜなら、
シングルマザー仕事育児両立術がオススメしている、ライブチャットの運営会社は、
全て業界最大手で10年以上の運営実績があります。

ライブチャットの業界は、非常に狭い業界です。
もはや新規参入するスペースは、少しもありません。

いくら条件が良くても、
新規参入したライブチャットサイトには、
登録しないようにしましょう。

未払いが起こってからでは、遅いですから。

(Visited 36 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加