最強の育児サポーターは?

シングルマザーにとって、子供の預け先は悩みの種です。

ベビーシッターなどのサービスを探すことは簡単ですが、
預けるには大きな出費に・・・。

保育施設なども、インフルエンザや夏休みなどの長期休暇で、
お休みになってしまうと、自分は仕事があるのに、
預けられる先が無いため、仕事を休まなければならない状況になってしまいます。

これを回避するためには、日ごろから預け先を確保しておくと良いでしょう。

やはり一番お願いしやすいのは、
家族(子供から見て、おじいちゃんやおばあちゃん)でしょうか。

特に、おじいちゃん、おばあちゃんは、孫といっしょにすごす時間は、
とてもうれしく感じるようです。

更におじいちゃん、おばあちゃんは、子育ての経験もあるため、
自分の子供に色々なことを教えてもくれます。

ですから、おじいちゃん、おばあちゃんに子供を預けるときには、
おじいちゃん、おばあちゃんのやり方でお願いすればよいのです。

もちろん、間違いを起こしてしまったことに関しては、
叱ってもらうようにしておけば、
孫に甘すぎて、ワガママになってしまうのではないか?などと、
心配することはありません。

ただし、
おじいちゃん、おばあちゃんは、便利な預け先ではありません。

やはり、日ごろから感謝の気持ちを持って接することや、
時には感謝の気持ちを込めて、
子供からおじいちゃん、おばあちゃんに向けて、
手紙など、形に残るものでお礼の気持ちを表すことなどをしておけば、
良好な関係を保つことができます。

人生経験の長い、おじいちゃん、おばあちゃんから、
色々なことを学ぶことも、子供にとっても、良い成長の糧になると思います。

(Visited 6 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です