残業でお迎えに間に合わないときは

送迎

月に数回の残業ならまだしも、
子供のお迎えに間に合わないときは、
保育園の延長保育・長時間保育やベビーシッター、
ファミリーサポートセンターなどを活用しましょう。

保育園の延長保育・長時間保育

子供やお金に関する負担が少ないのは、
保育園の延長保育や、長時間保育です。

お住まいの地域によっては、
希望する時間までの延長保育、長時間保育を、
実施していない保育園もありますし、
延長・長時間保育料の追加徴収も、有料・無料とさまざまです。

詳しくは、保育園や市区町村の役所にお問い合わせてみましょう。

地域のファミリーサポートセンターを利用する

ファミリーサポートセンターとは、
仕事と育児の両立を助け、安心して子育てができるように、
子育てのお手伝いをお願いしたい方、または、お手伝いしたい方の、
双方が会員となって、お互いを助け合う地域の組織です。

まず、会員になるためには、地域で開かれる講習会に参加し、
会員登録をする必要があります。

子供を預かってもらいたいときは、
1時間あたり数百円を負担する必要があります。
あくまで、助け合いの組織であるため、
お住まいの場所によっては、依頼先が見つからないこともあります。

まずは市区町村の役所で情報を集め、
予め預けたい時間や預け先までの距離などで、
預け先を探します。

ここなら安心して預けることができると思える、
預け先を見つけることができれば、残業中も安心ですね。

ベビーシッターを利用してみる

ベビーシッターは料金が割高ですが、
単なる保育サービスだけではなく、
病院へのお迎えや、受診サービス、中には24時間保育など、
幅広いサービスを受けることができます。

料金の相場は、
1,000円程度~5,000円程度と様々です。
その他、入会金やサービスによって、別途料金がかかります。

ママ友のネットワークを活用する

保育園のお迎えの時間に遅れそうなときなど、
子供の引取りを、仲の良いママ友にお願いする方法もあります。

ただし、保育園によっては、
事前に知らせた人以外は、子供を引き取ることができない場合もありますので、
保育園に事前に確認しておくと良いでしょう。

また、ママ友以外にも、
ご近所さんとのコミュニケーションをとっておくと、
いざというときに、力を借りることができるかもしれません。

(Visited 20 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です